スタッフブログスタッフブログ

アイ-ソリューション > ブログ > 集客広告のビジネスブログ > 【SMS】集客につなげたい!広告代理店が教える記憶に残るノウハウ

2015年07月28日

【SMS】集客につなげたい!広告代理店が教える記憶に残るノウハウ

忙しい現代人には、1日のうちに膨大な数の広告を目にしています。
年代や性別、生活習慣によりますが、30代ビジネスマンの視界に入る数は
1000個を超えるといわれています。

 

人は、膨大な情報量が自分にとって必要な情報か、そうではないかを
無意識のうちに判断して処理していきます。

 

では、1つの広告でどれだけ集客効果を見込めるのでしょう。
今日一日、記憶に残っている広告がいくつあるか、記憶をたどり数えてみてください。

 

いつもの場所に同じ広告が継続的に存在すると、
人は無意識に何度も目に入る情報から、必要な情報だけ記憶しています。

 

無意識に記憶する広告をつくることは、ビジネスにも応用できるので、
自分のお店やホームページへ訪問してもらうことも可能になる。

 

テレビCMはもちろん、野外看板や折り込みチラシなどは人の視覚へ、
ラジオCMなどは人の聴覚へ、広告を利用することで必要な情報をアピールし、
集客することができます。

 

では、広告代理店があらゆる媒体を利用して、集客につなげる流れをご紹介します。

 

記憶に残る集客広告のノウハウ

広告を出すときは広告代理店

 

まずは出したい媒体を管理する広告代理店に問い合わせして、
アピールしたい内容、集客したい客層、掲載場所、デザインイメージなどを
決定していきます。

 

ここで大切なことは、広告で何をアピールしたいかです。

 

代理店とは、十分に打ち合わせすることが重要です。
広告をみて訪れてくれるお客様の顔を浮かべながら、作っていきましょう。
今回の依頼する内容とは直接関係ない話も、代理店にしっかり伝えておこう。

 

集客につなげたい!広告代理店が教える、記憶に残るノウハウ20150730

by Free Download Web

 

「良い広告を作る=すぐ集客につながる」とはいえません。
集客につながるための一つの手法として広告を利用します。

 

広告代理店と打ち合わせして作った広告の反響をみながら、
継続的に良い点を伸ばして、次の打ち合わせに生かしていきます。

 

もし反響がいまいちな場合も、すべての原因を代理店に押し付けるのではなく、
反響しなかった要因の検証が大切です。

 

打ち合わせの際は、しっかり自分の伝えたい内容を代理店にプレゼンすること。

 

 

よい広告代理店と付き合う方法

 

広告代理店には、しっかり見積もりを出してもらいましょう。
見積もりの中から、制作・デザイン・印刷等の費用もチェックします。

 

何にいくら費用がかかっているのかを把握し、
カメラワークの中で自分のカメラを使用したり、
自分で準備できるものがあれば広告代理店と相談して、
互いに納得した費用での制作内容にしましょう。

 

納期に無理をさせていないか確認しながら制作してもらうことも大切です。
納期に遅れないことは当たり前ですが、制作を急がせすぎると、
かえって広告代理店から後ろ向きなアイディアしか生まれない場合もあるので注意。

 

また、制作側のイメージが膨らみすぎて、後から費用がかさむ場合もあるので、
常に費用と納期を確認しながら、互いに心地よく広告を作っていきましょう。

 

集客につなげたい!広告代理店が教える、記憶に残るノウハウ201507301

 

 

広告代理店と集客効果を狙う

 

広告代理店に依頼したときは、
その度に毎回集客効果が上がり続けるような広告作りをしていくことが一番重要ですが、
実際はそう簡単にいきません。

 

出した広告を1つの「点」と捉えるのではなく、
広告を見て店内に訪れてくるお客さんが商品をみて買っていく。
そして店を出ていく流れを1つのイメージとしながら、線につなげていくことが大切です。

 

ここにたどり着くまでの材料をたくさん集めて、
広告代理店と話をつめていくことが良い広告になる第一歩です。

 

代理店との打ち合わせが薄いと、
本当に薄っぺらい内容の広告になってしまうので注意が必要です。

 

集客ノウハウ201507303

 

 

広告代理店と集客できるキャッチフレーズをつくる

 

例えばパン屋さんの広告タイトルを
「カリっと、サクサクパン」なのか「ふっくらやわらかパン」にするのかで、
お客さんが持つイメージは全く違ってきます。

 

アピールしたい内容とキャッチフレーズがずれてしまうと、
高い費用を出して作ったわりに集客効果のない広告になる可能性どころか、
逆にリピーターを失うリスクもあります。

 

自分がアピールしたい内容を代理店にしっかり伝えて、
キャッチフレーズに集約(シンクロ)させていきましょう。

 

  • 自分の思いを代理店にぶつけることで
    会話の中からいいタイトルが生まれてきます。

 

思いをぶつけて一回で成功することもあれば、成功しないこともある。
地域性や季節性によって、反響しないこともある。

 

良い広告をつくるだけではなく、どういうときにCM放送やチラシを流したらよいか、
まわりの環境・行事にも着目しながら時間帯や期間を決めるのも重要です。

 

そして今まで行った広告の検証から、
納得のいくクリエイティブなものを広告代理店と密に作っていきましょう。

 

 

集客広告の種類

集客広告の種類

 

 

フリーペーパー、新聞、折り込みチラシ

小さな範囲内で分かりやすい内容をアピールする。クーポンやキャンペーン情報を掲載して、リピーター、新規顧客ともに獲得する見込みあり。

 

SNS広告(facebook、Twitterなど)

興味を持っている相手に直接情報発信できる。一方的な発信だけでなく、やりとりも可能で、ニーズを掘り起こすメリットがある。

 

電柱

月々1,000円程度と格安。年契約の月払いが主流。集中的に数本たてることが効果的。

 

ポスティング

自分で広告物をコピーすると印刷費用が浮く。さらに自力で投函すると、費用は格段に安くなる。(深夜にポスティングできたりする。)

 

テレビCM

代理店と打ち合わせして、制作費を極力抑える。深夜の時間帯に放送してもらうと費用もリーズナブルになる可能性もあり。(地方での反響は今でもCMが最強。)

 

ラジオCM

テレビCM同様、代理店と話し合い、制作費を抑えて、年契約で継続的に流してもらう。(通勤中や営業中のリスナーの数は意外に多い。)

 

野外看板

代理店から設置場所の交通量などの情報をもらい、長期的に設置する。

 

メルマガ登録

来店客に電子メール登録をしてもらう。すでに興味をもって来店している人向けなので、情報メールを配信すると反応が早い。

 

配達地域指定郵便物

指定した地域の全戸に郵便物を届けてくれる郵便局のサービス。新規顧客獲得やエリアを絞ったアプローチに最適。

 

 

SMSツールのオススメ職種!
ホテル旅館、飲食レストラン、エステ美容サロン、理髪店、リラクゼーションサロン、美容クリニック、コスメ化粧品販売、接骨整骨院、マッサージ、歯科歯医者、眼科小児科診療所、老人福祉施設、デイケアサービス、ゴルフ場、バッティングセンター、カルチャー教室、学習塾、英会話、予備校、デリバリー配達、テイクアウト弁当、配達飲食サービス、通信販売、定期購入販売、人材派遣業、旅行代理店、不動産新築住宅マンション販売、不動産管理、不動産仲介、クリーニング、建築リフォーム、自動車バイク販売、車整備、車検、保険損保、小売業、ゴルフ場、カラオケ、リサイクル、コールセンター、メンテナンス、広告代理店 など
ご参考になりましたら幸いです。関連記事もご覧ください。

 

営業向けで、営業マン必見!情報配信ツールで集客売上をアップする方法を紹介。
高齢者向けで、高齢者のスマホ普及率増加。シニアの集客数を増やす効果的方法を紹介。
車整備向けで、車検や車展示会への案内をSMSで情報配信!を紹介。
旅行業界向けの、旅行代理店の集客営業術!スマホ携帯へ配信ツールで情報配信を紹介。
不動産業向け不動産の集客方法!住宅やマンション販売の成約率がアップするツールを紹介。
飲食業向けの、まずはお客様へアピール!サービス業売上8割は常連客!を紹介。
ホテル業外人向けで外国人旅行客を再集客するためのホテル旅館のツールと方法を紹介。
美容院向け乱立するヘアサロンで生き残る!情報配信ツールを使い集客する方法を紹介。
パチンコ法人向けパチンコ店稼働アップのSMS集客広告術!を紹介。

ページ上部へ移動