スタッフブログスタッフブログ

アイ-ソリューション > ブログ > 集客広告のビジネスブログ > 【SMS】迷惑メールにならず集客効果を最大化するための愛される方法

2016年04月13日

【SMS】迷惑メールにならず集客効果を最大化するための愛される方法

グルメ情報を送ってもらうために会員登録したら、それから迷惑メールに悩まされた…。毎日のようにあやしい通販の迷惑メールが届きます…。迷惑メールの受信数は、年々爆発的に増えてきました。最近では、LINEやFacebookといったSNS(ソーシャルメディア)のなりすまし等で、さらに多くの人が警戒心を強くもっています。

 

迷惑メールに悩まされているDM広告やメルマガ配信に響かない

 

そのような顧客に対して集客効果を高めるには、どんな広告を行えば成功するのだろう。
これだけは知っておきたい迷惑メールの実情と、自然に優良顧客を集客できる「愛される広告」とはいったい何なのか。一緒に考えていきましょう!

 

 

継続的なアプローチで顧客からの信頼を勝ちとる

 

ライバル店への過度な対抗意識により、いつの間にか広告を受け取る顧客へ意識を向けていない事業者も少なくありません。集客効果を高めるには、顧客との強固な関係性を築いて、顧客から信頼してもらう必要があります。

 

最大限の集客効果を出す販促広告を目指すには、顧客満足度を上げる広告の戦術を知った上で、どれだけ顧客が企業やお店を信頼し続けるかで勝負が決まります。

 

広告は一方通行な手法であるがゆえの難しさもありますが、ここは「愛される広告」を打ち出す広報担当者の腕の見せどころですね。

 

 

kakunin_sms

 

 

 

迷惑メールの受信頻度

 

世帯における迷惑メールの受信頻度をみると、スマートフォンでは

 

「1日に10通以上」が28.1%

「1日に2~4通」が21.0%

「1日に5~9通」が13.1%

スマホユーザーの6割以上が1日に複数の迷惑メールを受信しています。

 

毎日これほどの迷惑なメールが届いていると、たとえ優良顧客に有益な情報を適度なタイミングで配信しても、他の販促物や広告メールに埋もれてしまい、顧客の心まで情報が届きません。

 

 

n4302050

(図表:総務省 平成25年版 情報通信白書)

 

 

大量の情報にうんざりしている顧客に、製品やサービスをどう「売り込む」のかではなく、どのように興味を持ってもらうか。

 

反響を高めるには「嫌われる広告」から「愛される広告」にマーケティングのあり方を転換する必要があります。

 

 

 

マーケティング広告の成功に必要な考え方

 

米国Yahoo!の副社長を務めたセス・ゴーディン氏は、従来の広告手法をインターラプションマーケティングと呼び、その手法に警鐘を鳴らしています。

インターラプションとは、英語で「邪魔をする」という意味です。

 

代表的なインターラプションマーケティングでいえば、テレビ番組を見ている視聴者に、広告を強制的にみせるテレビCM、読者の興味ない広告ばかり掲載した雑誌などがあります。

 

彼は、インターラプションマーケティングの効果が低下した理由として、

現代の人々は忙しく、広告に注意を払う暇がなくなったと指摘しています。

 

 

sms_mail0714

 

 

まさに、顧客はインターネットで自ら情報を探すようになり、ネットもリアルな現実も情報源は売り手市場から買い手市場へと逆転しました。

 

今や広告メディアの主導権は、受け手買い手である顧客が握っています。

そんな時代に、広告はノイズでしかないのです。

(引用文献:いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 P38より)

 

 

 

会社の財産につながる「愛される広告」とは

 

企業は、広告宣伝費を抑えつつ、集客できる広告を発信するにはどうずればいいのか。

 

「いきなりメールを送信したら、迷惑メールと勘違いされるかも・・・」

不安になる広報担当者もいることでしょう。

 

「ライバル店が毎日メルマガ配信しているから負けられない!」
「顧客がメルマガ登録したのだから、ハイOK!ガンガン送るぞ!」

 

それとは逆に、ここぞとばかりに最大限のあおり文句を配信する担当者もいるでしょう。

果たして過度な広告は、愛される広告といえるのだろうか。

 

セス・ゴーディン氏は、「パーミッションマーケティング」へのシフトを説いています。

「製品やサービスを顧客に売り込む前に、顧客から許可を得るべきだ」

このような考え方です。(許可=パーミッション)

 

このパーミッションマーケティングの重要性は年々増しており、顧客に向き合うコミュニケーションツールを他社よりもいち早く確立することは、会社の大きな財産になります。

 

 

homepage04121

 

 

 

「愛される広告」に変えるだけで、自然に集まる顧客

 

近所付き合いも兼ねて「いつでも遊びに来てくださいよ」と、三件隣りの奥様に言った一言。

その日から毎日遊びに来られても、正直困りますよね。広告にも同じことがいえます。

 

「DMハガキ送ってもいいですよ」 「最新情報はメールで送ってくださいね」

 

一度はお店に許可したものの、その頻度や内容によっては、必要ないと判断されることもあります。執拗に送られる広告は、もはや会社の信用を落とし、配信前より嫌われる広告といえます。

 

また広告を配信停止したにもかかわらず、再三にわたって広告が届けば、どんなに寛大な人でも激怒します。集客や販売促進のために広告配信をするのなら、優良な顧客に送る広告だということを忘れてはいけません。あくまで受け手であるお客様起点の考え方が必要です。

 

ですが、顧客に愛される広告を配信し、徹底的な手厚いサービスとサポート体制を敷くことは、顧客の満足度をつながり、まったく予想していなかった顧客層の獲得さえ期待できます。

 

 

 

ショートメールで送る、愛される集客広告

 

homepage04122

 

 

ショートメールでの広告手法も、愛される広告の一つになりえます。「必ず読んでほしい」重要なメッセージを届けるのにオススメなツールとして、いま企業にも注目されています。
メルマガとSMSの開封率とクリック率の実態、活用事例』についても、ぜひご参照ください。

 

そうはいっても、いきなりショートメールで広告が届けば人間だれでも驚きますよね。

 

もし、あなたが良い広報担当者になりたいなら、どんな広告も状況によってノイズとなり、企業の印象を悪化させる危険性をもっていることに注意しましょう。

 

ショートメールは新しい広告手段として、これから様々な業界において広く浸透していきます。そのきっかけは、2015年の末に携帯会社auがショートメール内でのURL記載を許可したことにあります。これにより、3大キャリアであるdocomo、Softbank、auの携帯電話の利用者に対し、電話番号を宛先したショートメール広告が可能になりました。

 

数あるマーケティング手法のなかでも、ショートメールは明確にプッシュ型のツールとして顧客とコミュニケーションを図り、うまく活用すると絶大な効果を発揮します。

 

ショートメール広告を取り入れて、顧客の信頼を勝ちとることができれば、継続的に買い手である顧客との接点を維持することができます。さらに、顧客からの信頼が増し、会社の印象が良くなり、愛着をもって製品やサービスを検討してもらえます。

 

 

 

愛される広告によって得られるメリットを理解しよう

 

メルマガやSMS配信をスタートするにあたり、配信頻度は月に何回か。広報手法をしっかりと顧客に「宣誓=約束」し、誠実な会社だと印象付けることから始めましょう。

 

リピーターとの約束は絶対に守るべき事項です。もし「月に1回の約束の配信が月5回も配信を行った」など、あってはならない事だと肝に命じるべきです。また、リピーターは「自分は特別な扱いだ」という心理を活かし、「会員様限定の商品です」といったような企画配信は大変喜ばれます。
「嘘のない配信頻度で、内容のある情報が届く誠実な会社」と印象付け、新規顧客獲得にも繋がります。

 

さらに定期的な配信有無の確認、約束した内容を変更したい場合の確認等で、顧客の許可を得ることが更な信頼、かけがえのない大きな資産と繋がります。

 

 

homepage04123

 

 

 

ショートメール確認くん

 

SMS確認くんでは、顧客に宣誓する「約束型広告」こそ、競合他社に大切な優良顧客を奪われない「愛される広告」だと、ご提案いたします。

 

Closeup on business woman oath truth

 

プロミス(約束)× パーミッション(許可)= 信頼

 

 

集客できる組織とは顧客に120%の価値と満足を提供すること』でご紹介したように、お店の売上を上げるには、優良顧客であるリピーターとの接点を多くもち、ザルではなく、しっかりとバケツで受け取るイメージで顧客を増やすことが、極めて基本的であり重要な部分となります。

 

さらに確認くんでは、クライアントが競合市場において競合他社とかち合わないように、業種内の登録枠を1000店に制限し、クライアントの顧客に対して1ヶ月のSMS送信数に上限を設けております。

 

今後も、クライアントの意見を聞きながら、コミュニケーションの中で信頼関係を築く必要性を感じています。

 

広告戦略として何をゴールに定めるのか。

継続的かつ改善なしには、マーケティング広告の成功はありえません。

マーケティングにおいて、人を惹き付けるための広報は必要不可欠です。

 

人を惹き付ける広告とは、どのようなもので、どうすれば愛されるようになるのだろうか?

もし、あなたが多くの課題に直面しているなら、常に広告の受け手である大切な顧客に対して、何らかの気付きや楽しみを与えてあげよう。

 

 

従来の広告手法に限界を感じている。
リスティング広告を打っても反響がない。
毎月の広告コストの負担が大きい。
新規顧客の獲得が頭打ちになっている。
価格競争を余儀なくされている。

 

 

多くの広報担当者が直面している課題を打破するには、一定のモラルを持ち、競合他社の動向に惑わされず、有益な情報を継続的に、適切なタイミングで提供することが不可欠です。

 

 

  • ジェットブルー航空の会長が贈る言葉:「信頼こそ、最強のコスト削減である」

 

 

ご参考になりましたら幸いです。関連記事もご覧ください。

 

営業向けで、営業マン必見!情報配信ツールで集客売上をアップする方法を紹介。
高齢者向けで、高齢者のスマホ普及率増加。シニアの集客数を増やす効果的方法を紹介。
車整備向けで、車検や車展示会への案内をSMSで情報配信!を紹介。
旅行業界向けの、旅行代理店の集客営業術!スマホ携帯へ配信ツールで情報配信を紹介。
不動産業向け不動産の集客方法!住宅やマンション販売の成約率がアップするツールを紹介。
飲食業向けの、まずはお客様へアピール!サービス業売上8割は常連客!を紹介。
無断キャンセル対策飲食業界のドタキャン対策にSMSツールを有効活用を紹介。
ホテル業外人向けで外国人旅行客を再集客するためのホテル旅館のツールと方法を紹介。
美容院向け乱立するヘアサロンで生き残る!情報配信ツールを使い集客する方法を紹介。
パチンコ法人向けパチンコ店稼働アップのSMS集客広告術!を紹介。
予約キャンセル改善予約キャンセルを携帯配信ツールで改善する対策方法を紹介。

 

集客広告のお得料金プラン

 

▽「ショートメール確認くん」の資料請求はこちら。
sms0701

ショートメール | 選ばれる理由 | お問い合わせ | ブログ | ショートメール配信の確認くん
ページ上部へ移動